日本人が良く間違える、間違った英語

あれ?通じない。なんてことよくあることです。間違った英語フレーズ、単語をご紹介します。

11121

未分類

間違いやすいフレーズ 借りる

2017/03/20

間違いやすいフレーズにこんなのがあります。

日本語では「借りる」という表現をするので、英語でも直訳して間違えやすいですね。

正: Can I use the bathroom?(お手洗い使ってもいい?)

誤: Can I borrow the bathroom?(お手洗い借りてもいい?)

“borrow”は「貸し借り」の意味で使われるので、「一旦借りて、返す」という動作が強調されます。トイレはさっと使うもので所有物としての移動も伴わないので、この場合は”use”を使いましょう。

どの国を訪れても、「トイレを借りる」という思い切った行動に出なくてはいけません。
ならばそこには強くなっておきましょう。

まず日本人がよくやる間違い、May I borrow your toilet ?

これは「おトイレをお借りできますか」という日本語からの直訳ですが、
Yes, but can I get it back? と返されてしまいます。

訳すと、「便器をお借りできますか?」
「ええ、でも返していただけます?」という何ともシュールな
会話が展開している訳ですね。

ではどう言えばいいのか。
まず borrow という動詞には「ものを物理的に借りる」という意味が
ありますので、英語ではストレートに「使う」という動詞を使って、
May I use your bathroom ? とすれば大丈夫。

アメリカではtoiletには「便器」という意味しかないので
bathroomか restroom を使った方が良いのですが、
イギリスでは I have to go to the toilet.と言っても、
カジュアルな場であればOKです。

イギリスは紳士淑女の国。
たとえばダンスパーティーに出席するようなハイソサエティな方々は、
ストレートに「トイレに行くのだ」ということを口にはしません。

そこで面白い表現を一つご紹介しましょう。

May I inspect the geography of the building ?
「建物の配置を拝見してもよろしいですかな」
すると
Certainly. It’s down the hall on your right.
「もちろん。廊下をまっすぐ行くと右側にあります」などと、
一見チグハグなお答えが返ってきたりするのです。
ん~、イギリスですね~。

でもこれは通常の留学や旅行では使わないようにしましょうね!

 

 

-未分類