日本人が良く間違える、間違った英語

あれ?通じない。なんてことよくあることです。間違った英語フレーズ、単語をご紹介します。

images

未分類

painful

2017/06/05

painfulがあります。

painfulは、痛みがあるという意味があります。

painful は 「 痛い 」 というような意味を持つ形容詞ですが、たまに使い方を間違えている人をみかけます。

よくあるのが、「 痛かった 」 と言いたい時に次のように言ってしまうケース。

× I felt painful.
× I was painful.
このように、人を主語にして 「 人 + feel + painful 」 や 「 人 + be動詞 + painful 」 のように言うことはできません。

自分を主語にしたい時は次のように言います。

○ I felt a pain.
○ I was in pain.

また、痛い部分を主語にすると painful を使うことができます。

例えば、胸が痛いのであれば

My chest was painful.

です。

もちろん、

I felt a pain in my chest.

と言うこともできますね

「 痛かった 」 と言いたい時、次のような言い方はできると思いますか??

I felt painful.
I was painful.

答えはNGです。
なぜなら、painful は人を主語にすることはできないからですガーン

人を主語にしたい時は、painful の名詞形 pain を使って次のように言います。

I felt a pain. ぐっと
I was in pain. ぐっと
ひらめき電球ちなみに、痛い箇所を主語にすると painful を使うこともできます。

例えば、背中が痛いのであれば

My back is painful.  です。これはもちろん、

I felt a pain in my back. と言い換えることもできます

-未分類