日本人が良く間違える、間違った英語

あれ?通じない。なんてことよくあることです。間違った英語フレーズ、単語をご紹介します。

yjimage-5

未分類

形容詞の順番

2017/08/26

形容詞の順番

(6)形容詞の順番
一つの名詞に対して複数の形容詞を使う時には、順番があります。例えば、“It’s a big red car.”(大きな赤い車)とは言いますが、“It’s a red big car.”(赤い大きな車)とは言いません。通常、形容詞は次のような順番で配置されます。

①量数
②質意見
③大きさ
④形
⑤年齢
⑥色
⑦国籍
⑧素材

普通、3つ以上の形容詞を並べることはありませんから、これらを一度にすべて使うことはほぼないとでしょう。

英語では、いくつか形容詞が重なった場合、決まった並び方があります。例えば、ネイティブにとって、「a blue big blouse」というフレーズより、「a big blue blouse」のほうが自然です。
ネイティブはこの並び方を言葉の響きで決めます。これは一つの方法ですが、これが出来るようになるまでに長い時間がかかると思うので、それより以下の順番を記憶したほうが効率的だと思います。
人や動物に形容詞が付く場合:冠詞 →  数 → 美醜などの評価 → 大きさ → 老若 → 国籍
the six cool big young French men

物に形容詞が付く場合:冠詞 →  数 → 美醜などの評価 → 新旧 → 大きさ → 形状 → 色 → 出所 → 材質

the ten interesting old big square blue Italian metallic watches

これを理解したら、以下の例文を見て下さい。

the beautiful English woman
冠詞 →  評価 → 国籍 → 人

the five fierce cats
冠詞 → 数 → 評価 → 動物

the five old Italian chairs
冠詞 → 数 → 新旧 → 出所 → 物

the six big round tables
冠詞 → 数 → 寸法 → 形状 → 物

 

→【PR】大阪の英会話スクールKEC

-未分類