日本人が良く間違える、間違った英語

あれ?通じない。なんてことよくあることです。間違った英語フレーズ、単語をご紹介します。

yjimage-5

未分類

Me too / me neither

2018/03/15

Me too / me neither

Me too は肯定文の時だけ使える
「私も」ということを表現する時に良く使いますが、肯定文の時にしか使えないので注意! 「私も無い」を表現する時は Me neither を使います。とっさの場合でも出てくるように、しっかり練習しておきましょう!
I can’t attend the meeting.

Me neither. (OK)

Me too. (NG)

Me too! 「私も!」の言い方は皆さんもご存知だと思いますが、Me too!はいつでも使えるわけではなく、実際にはネイティブ流のルールがあります。

ここでは、Me too, You too, Me neitherなどの使い方、Me tooを使うべきではない時など詳しく説明していきます。

Me too! の意味と使い方

1.Me too! You too! Me neitherの使い分け

2.Me tooだと誤解を招く時(I love you の返事としては使えない?!)

3.映画のセリフからme too, either, neitherの使い方を理解する。

1.Me too! You too! Me neitherの使い分け

これは相手の意見に対して「私も!」と答える時に使える一番簡単な言い方です。

A: I like rock music. (私、ロックが好きなんだ)
B: Me too! (私も好き!)
これは挨拶でも実は使えます。

A: Have a nice day! (よい一日を!)
B: You too! (あなたもね!)
もちろん、Have a nice day too! と返してもいいです。
こんな感じで便利な言葉ですが、
ただ否定文になると文法的には変化させる必要があります。

A: I don’t like rock music.
ロックは好きじゃない

B: Me neither. (I don’t like either.)

私も好きじゃない。

このように、相手が「〇〇じゃない」と言った事に対して
「私も」と言う場合は「Me neither.(not either)」と言います。

このneitherですが、発音が2種類あり、

neither = ニーザ― もしくは ナイザー
either = イーザー もしくは アイザー
になります。

出身地や人によって発音は違いますが、どちらでも言いやすい方を使ってください。どちらを使っても通じます。

じゃあ問題ですが、

A: I hate rock music.
B: Me 〇〇!
この場合、tooとneitherどちらが入ると思いますか?

→クリックして答えを表示←

ちなみに、me neitherの代わりにNeither do I を使う人も多いです。

A: I don’t like rock music.
B: Neither do I.
→この Neither do I に関しては、So do I の記事を参照してください。

→ちなみにToo 〇〇で「〇〇過ぎる」の意味になる使い方についてはこちらの記事を参照

-未分類