日本人が良く間違える、間違った英語

あれ?通じない。なんてことよくあることです。間違った英語フレーズ、単語をご紹介します。

12162

未分類

Me too / me neither

2018/03/25

Me tooだと誤解を招く時

例えば、恋人同士で

Jane: I love you.
Bob: Me too. △
と言ったとします。一応通じますが誤解を招く言い方であり、
この言い方はジョークのネタにもなります。

なぜかというと、

「私はあなたの事を愛してるわ」「私も私の事を愛してるよ」という意味にも捉えられかねないからです。例えば、

Jane: I love Bob.
Jessica: Me too. = I love Bob too.
であり、

どっちもボブの事が好きなわけです。

それと同じで、

Jane: I love Bob.
Bob: Me too. = I love Bob too.
であり、つまり、Bob loves Bob = Bob loves himself となり、

まるで「ボブがボブを愛してる(自分の事が大好き)」という意味になりかねないわけです。こういう語弊を防ぐ意味でも、こういった場合は、I love you too. と答えた方がいいです。

では、実際にネイティブがどうこの3つを使い分けているか見て行きましょう。

Pacific Rim (邦題:パシフィック・リム)

me too
スタッカー: Enough. I’ve seen what I need to see.
ローリー: Me too.

これはマコの身体能力の高さをローリーとの組手を見ながら測定していたスタッカーが「もう(組手を)止めていい。私が(マコの身体能力の高さを知るために)見るべき事は見た」と言い、それに対してローリーも「俺もだ(実際に戦ってみて、彼女の能力の高さは自分も見れた)」と言っています。

The Hangover

either

スチュワート: You all right?
ジェイド: I don’t know.

スチュワート: I don’t know either.

これはジェイドが椅子ごとひっくり返ってしまった時のセリフで、
「大丈夫かい?」「分からないわ」「僕も(君が大丈夫か)分からないよ」

という会話になっています。not eitherの形で「僕も」という表現になっています。

The Hangover part II

meneither

フィル: I got nothing. Fuck.
スチュワート: Me neither.

これは記憶を失った3人が手がかりを探すべく、自分達のポケットの中などをチェックしているシーンで、「何もない!くそ!」「僕もだ」と言っています。

今回は「I got nothing」というのは、I don’t have anything.と同じであり、nothing = not anythingなので、それに呼応する回答も「me neither」になっています。

 

-未分類