日本人が良く間違える、間違った英語

あれ?通じない。なんてことよくあることです。間違った英語フレーズ、単語をご紹介します。

yjimage-7

未分類

Yes やNoは英語では逆の場合がある

2018/06/25

さて、否定疑問文に対する日本語の「はい/いいえ」が英語の「yes/no」とは逆になることで、英語を学ぶ日本人が戸惑うのと同じく、日本語を学ぶ英米人も戸惑うはずです。しかし、上で述べたことを英米人に教えてあげればすんなり納得してくれるでしょう。
「はい」は必ずしも「yes」の意味ではなく、「You are right.」(あなたの言うことは正しい)あるいは「That's true.」(そのとおりである)の意味です。「いいえ」はその反対です。
ところが、もし英米人が次のような質問で追い討ちをかけてきたら?
では、「食事に行きませんか?」に対して「はい、行きます」と答えるのはなぜですか?「行きません」を否定して「いいえ、行きます」と言うべきではないのですか?
たいていの日本人は、ここでぐっとつまってしまうでしょう。「いやあ、日本語はあいまいで非論理的な言語ですから」としどろもどろの説明をするかもしれません。しかし、私だったら次のように説明します。
「食事に行きませんか?」という言い方は、「食事に行きましょう」という誘いを婉曲に言うために否定疑問文の形をとっているものです。だから、問われた人はその意図を理解して、「I agree.」(賛成します)という意味で「はい」と答えるのです。「『あなたは食事に行かない』というのは真であるか偽であるか」と尋ねるには、「食事に行かないのですか?」という言い方をします。それに対しては、行くならば、「『行かない』というのは偽である」という論理に基づいて「いいえ、行きます」と答えます。

 

-未分類