日本人が良く間違える、間違った英語

あれ?通じない。なんてことよくあることです。間違った英語フレーズ、単語をご紹介します。

10071

未分類

責めている

2018/09/25

Jack is blaming himself for his mistakes.
(ジャックは自身のミスを責め続けている。)

They are blaming themselves that they could have done more.
(彼らはもっと出来たと彼ら自身を責めている。)

I am too hard on myself.
私は私自身につらく当たっている。
「つらく当たっている」というニュアンスで「自分を責めている」を表現する英語フレーズです。

“am hard on”で「つらく当たる」とか「厳しくする」という意味になります。

I am too hard on myself about my actions in the past.
(過去に自分が取った行動で私は自分事を責めているの。)

こちらも、主語によって”myself”の部分は変える必要があります。例えば、以下の通りです。

Taylor is too hard on herself about doing nothing about it.
(テイラーはそのことに対して何もしなかったことで自分を責めている。)

We are too hard on ourselves about what we did.
(僕たちは自分達がしたことで自分達を責め続けているんだ。)

 

乗り越えられない!から

-未分類