日本人が良く間違える、間違った英語

あれ?通じない。なんてことよくあることです。間違った英語フレーズ、単語をご紹介します。

yjimage (3)

未分類

会社

2016/08/03

次は会社でよくある間違えた表現例などです。

このような会話があるかもしれません。

場面

上司が部下に仕事を頼んだ。

提出された書類がとても良くできていて感謝を述べる。
A : I just completed the document and sent you to your email.

Can you see that?

先ほど文書を作成させ終わりましたので、Eメールにおくりました。

みれましたか?

B: You’ve already finished it?
もう終わらせたのかい?
A : You looked busy and I thought it might help you a bit.
お忙しそうでしたし、少しでもお役に立てばと。
あなた: Thank you! It’s so kind of you.
ありがとう!なんて親切なんだ。

このような会話例はあるでしょう。

この会話は文法的な間違いといわけではありません。

むしろ表現が場面にフィットしていないというような間違いです。

仕事を頑張るのは「親切」ではない

日本人はこうした場面でよくkind(親切)、thoughtful(思いやりのある)など

を使ってしまうことが多いです。

しかし、職場で仕事を早く終わらせた部下に親切だというのは

少し場面に適していません。

「親切」とは気遣いや優しい、思いやりのようないみなので、

Thank you. You’ve done an amazing job!(ありがとう。素晴らしい仕事ぶりだね)などや

Well done!などが仕事を褒めるには適しています。

 

 

-未分類