日本人が良く間違える、間違った英語

あれ?通じない。なんてことよくあることです。間違った英語フレーズ、単語をご紹介します。

yjimage

未分類

勘違いしやすい単語

2016/09/13

日本人が勘違いしやすい単語の組み合わせがあります。

 

wish と hopeがあります。

英語の授業でしっかり習ったはずの”wish”と”hope”の違いはあまりはっきりしめされていません。

wish ⇒起こって欲しいけど、絶対叶わないと分かっている時、もしくは恐らく叶わない時

hope ⇒叶うかもしれないけど、本当にそのようになるか分からない時

どちらも「○○だといいな」という訳になりますが、願う対象への望み度合いが違うのですね。

また文法にも違いがあります。間違えやすいので、注意しましょう。

wishの後に続く名詞節 ⇒現在のことは過去形で、過去のことは過去完了形

hopeの後に続く名詞節 ⇒未来のことであっても、基本的に現在形

I wish I could fly.
(空を飛べたらなぁ。)
※人間は飛べないので、”wish”が適切です。

I hope you like it.
(気に入ってくれるといいな。)
※プレゼントをあげる直前になどに使われるので、”hope”が適切です。

そのためwishは文法的には、仮定法過去で習ったことを覚えていませんか?

ありえないことを願うという意味があり、また実現の可能性が低い場合に説のなかでcould を使うことを習いましたね。

それに対してhopeはあくまでも現在の希望をあらわすので現在形なんです。

微妙なちがいですが、気を付けて使い分けましょう!

-未分類